ED治療で病院へ行くのと薬通販を比較しよう

男性ならば誰でも、EDになる可能性はあります。自分はならないと思っていてもふとしたきっかけでなることもあります。

もしもEDになってしまったら、やはり治療をしなければなりません。
その方法は主にED治療薬を使うことになります。

ED治療薬の入手方法は2つの選択肢がある

ED治療薬を入手する方法には大きく分けて、2つになります。それは病院やクリニックを受診する方法とネットで通販でのED治療薬購入があります。

どちらがいいのかと言われると、本来はやはり病院やクリニックを利用した方がいいのです。
しかし、手軽にと通販をする男性も後を絶ちません。
それぞれのメリットやデメリットをみていきましょう。

病院やクリニックのメリットやデメリット

病院やクリニックで受診を受けるメリットとしては、やはり安心感や信頼感があります。
勃起をしなかったからといって、必ずしもEDとは限らないのです。実は他の病気の影響で、勃起をしないこともあります。動脈硬化や糖尿病などにより、勃起しないこともあります。
その場合には、そっちの治療をするとEDの症状も改善されたりもします。

また、他の病気の治療、特に心臓や高血圧関連の薬を飲んでいると、ED治療薬を飲むと重大な副作用を起こす恐れがあります。
医師はそれを知っているので、きちんと薬を処方してくれたりします。そうした安心感を得られるメリットがあります。

その一方、通院をしなければならない、病院やクリニックで処方されるED治療薬が高いというデメリットもあります。

病院ではED治療薬は、数も少なく処方されます。
エッチしたいと思って飲んだら、必ずしないといけないというプレッシャーもかかりやすくなります。

ネット通販でのメリットやデメリット

ネット通販でも今では簡単に、ED治療薬を購入することができます。
しかも、その種類もさまざまなものを購入できます。

バイアグラのジェネリック版のタダラフィルといったものを購入すれば、何十錠も3~5千円くらいで手軽に購入することができます。
2週間くらいで手元にとどくでしょう。

デメリットとしては、やはり他の薬との併用による副作用がわからないので、重大な副作用を起こす恐れがあるということです。
あと、悪質な業者もいて、偽物を買わされるリスクがあります。

最終的には病院へ行くのがベストかも!?

やはり基本的には病院やクリニックで治療を受けるのがいいでしょう。
どうしても経済的などで厳しいときに、通販へ切り替えるようにしましょう。