EDになったときに飲食で気をつけること3つとは

EDになってしまうと、エッチしたいと思ってもできなくなってしまいます。勃起できなくて挿入できなかったり、挿入しても中折れして続かなかったりと、その症状とさまざまでしょう。

EDになったときの注意点3つ考えてみた

EDになると、病院やクリニックへ行ったり、また個人輸入業者からED治療薬を購入するなど、いろいろとやります。
そして、ED治療薬を飲んでいるのに、その効果に個人差が出ることもよくあります。

早く回復をしたいと思ったら、ED治療薬だけでなく、普段の生活で飲食にも気をつけましょう。

まずはED治療薬を飲む前の食事です。ED治療薬は、空腹時に飲むと効果も発揮しやすくなります。また、ED治療薬を飲んでから、食事をしたときも、消化しやすいものを食べた方が実は、ED治療薬も体へ吸収されやすくなります。
もしも、脂っこいものを食べると吸収されにくくなることもあります。

ED治療薬を飲むタイミングもなるべくは、空腹時にしておき、それでも食事をしなければならないときには、食べてから少し時間をおいてから飲みましょう。

とはいっても、効果が出るまでに、30分~3時間と薬によって幅が違うのでエッチの時間から逆算して、服用と食事を調整しましょう。

飲食や飲酒はリラックスや回復に向かうことができる

二つ目は、飲酒です。アルコールは飲むと気分も楽しくなったりもします。リラックス効果もあるとも言われています。

その一方で勃起しにくくなることもあります。男性ならばお酒を飲んで、勃起しなかった経験も1度や2度はあるでしょう。
これもやはりたくさん飲酒したときに起こりやすいです。
EDの人は、エッチ前にはあまり飲まないようにしましょう。ED治療薬を飲んで効果は出にくくなることもあるのです。

とはいえ、少しならばEDによるエッチへの不安や緊張を和らげることもあるので、飲酒したいときには、ほんの少しだけにしましょう。

最後は、食生活で亜鉛をとるようにしましょう。サプリからでもとれるので、サプリを飲むでもいいのです。
亜鉛は精子の量を増やします。精子がある方が勃起しやすくなるので、普段から亜鉛の含まれる食べ物をとるなど、亜鉛の接種を意識しましょう。

ED回復には、飲食は深く関係しています。ED治療薬を飲んでも効果が出にくいときは、普段の生活の飲食を見直しましょう。