彼氏がEDになってしまったときの対処4つ

男性も年齢を重ねれば、それは勃起もしにくくなるでしょう。
しかし、20代や30代で普段から勃起しにくくなるのは、やはり怪しいでしょう。

見た目以上に男性のショックは大きい

彼氏にEDの予兆がある、もしくはなってしまったときには、女性はどう接したらいいのでしょうか。その対処は大切です。

その対処で、さらに男性が落ち込んでしまうこともありえます。さらに、彼女にたいして申し訳なく思うあまりに別れようとするなんて男性もいるくらいです。
それほど男性のショックは、大きいのです。

彼氏がEDになったときの対処とは

まずは、男性を励ますことです。女性自身は気にしていない、大丈夫だよという気持ちを出すことです。

女性が気にすると、余計に男性も落ち込むのであまり、気にしないことです。もちろん、女性が自分のせいかもと考えると、男性の負担になります。

次に女性もEDについて、知りましょう。男性に任せっきりになるのでなく、一緒にかいけつしていくんだという気持ちをみせるためにも、EDについても知りましょう。

3番目にエッチをしましょう。例え、勃起できなくてもエッチをしたい気持ちも、男性も持っています。
前戯だけでもやりましょう。男性に愛撫してもらい、気持ちいいということを全面に出しましょう。
そうすることで、男性の自信を無くさせないようにします。
また、コスプレや場所を変えるなどしてみることで、回復に繋がることもあります。

常にエッチをすることで、性的な刺激を感じさせるようにしましょう。

4つ目は、食事や薬を飲むサポートをしましょう。治療にはED治療薬を使います。
その場合、薬を飲むタイミングや食事が影響することも多いです。
セックスの時間を決めておくと、薬を飲むタイミングも図りやすくなります。

また、食事の内容によって、薬の効果も変わることもあります。薬を飲むときには、消化のいい料理にするなど、協力してあげましょう。

EDによる回復には時間が結構かかる

ED治療は、治るまでにはけっこう時間もかかります。最後はED治療薬を飲まずに勃起して、最後は射精することが目標です。

それまでは、女性のみなさんはここに書いた対処の4つをこなして、男性を支えてあげましょう。それが、早期の回復に繋がっていくでしょう。